朱雀新吾先生からコメントが届きました。

皆さん、こんにちは。朱雀新吾です。

普段は『異世界落語』という物凄く面白い小説を書いています(笑)。

今回はこどもノベル・プロジェクトで『みらいのぼくは、なにもの?』

というお話を書かせて頂きました。

さて、私には子供が4人います。

小学校3年生と2年生のお兄ちゃん達は学校が休みなので、

宿題を渋々やりつつ、ゲームをしたり、家で暴れて過ごしています。

保育園年長の弟くんは、お絵かきしたり、ゲームをしたり、

家で暴れて過ごしています。

一歳の妹ちゃんは家で笑ったり、泣いたり、寝たり、暴れて過ごしています。

……そんな子供達の明るい未来を想像しながら、今回のお話を書かせて頂きました。

写真は、私の原稿の最終チェックをしている妹ちゃんです。

物凄く可愛いですね♪

■「みらいのぼくは、なにもの?」を読む



0回の閲覧

SNS

©2020,Shufunotomo Infos Co.,LTD. , All Rights Reserved

  • Twitter
  • ホワイトInstagramのアイコン